会長あいさつ

会長挨拶 「なぜ、障害のある子が生まれるのだろう?」

私たちは何度も何度も心の中でそう問いかけてきました。 医学や科学がこんなに進歩しているのに……なぜ? それは、文明がどんなに進歩しても、人間は何百万種以上もいる「生物」の中の 「ヒト」という『種(しゅ)』のひとつに過ぎないからなのです。

世界では、毎年約790万人以上の障がい児が生まれていて、それは全出産数の約6%にもなるのです。 人口数に対し、一定の割合で障がいのある子が生まれてくる、それは『種(しゅ)』の宿命なのであって、誰のせいでもありません。 お母さんのせいでも、お父さんのせいでも、まして、自分には何の責任もないのに障がいを持って生まれてくる子にどんな罪があるというのでしょう?

障がいがあっても、私たちにはかけがいのない命です。 障がいがあっても、みんな、人として幸せに生きる権利があります。 障がいのある子供たちやその家族が、社会の中で孤立し、悲しい思いをしないために 私たち「手をつなぐ育成会」があるのです。

障がいがあっても、幸せに生きられる道を探しましょう。 限りある私たちの一生の中に、子供たちにとっての『幸せの道標(みちしるべ)』を たくさん残していってあげましょう。

私たちがいなくなっても、子供たちが迷子にならないように、その『道標』をたどって幸せな人生を全うできますように。 それだけを願って、できる限りのことをしてみませんか?

私たちが動かなければ、法律も、制度も、社会も変わりません。

変えるためには『力』が必要!『力』は『数』です!

あなたの『力』を『数』に変えて、障がいがあっても、子供たちが幸せに生きることのできる社会をつくっていきましょう。



 

「越谷市手をつなぐ育成会」のあゆみ

・昭和47.4.1 「越谷市手をつなぐ親の会」設立。
・昭和62.4.1 デイケア施設親の会作業所を大成町に設立。
・平成 4.4.1 デイケア施設千草園を上間久里に設立。
・平成11.4.1 「越谷市手をつなぐ育成会」に名称変更。
・平成12.5.1 「越谷市手をつなぐ育成会作業所」から「野の花」に名称変更。
・平成18.4.1  法人格を取得し目的別に組織を二分化。
    ◎施設運営 (デイケア施設)特定非営利活動法人越谷市手をつなぐ育成会・友
    ◎育成会活動 越谷市手をつなぐ育成会
・平成21.4.1 自立支援法施行により、両施設とも「地域活動支援センター」に体系移行。
・平成24.4.1 総合支援法施行により、両施設とも障害福祉サービス事業所(生活介護)に体系移行。
・平成24.4.1 千草園が花田に移転。              


 

リーフレットダウンロードします

ページトップに戻る